MENU

雄武漁協毛がにまつり|ブランド毛ガニを楽しめます!

北海道紋別郡雄武町にて開催される雄武漁協毛ガニまつりでは、流氷下の毛ガニが多く並びます。

 

雨天決行イベントですが、暴風等の大荒れの天候時は中止となり、開催時期の4月後半の北海道はまだまだ冷える時期です。

 

開催時間は10時から13時、雄武町ふるさと100メモリアル広場にて開催となっています。

 

早い時間帯から来客が並ぶイベントであり、北海道では毛ガニが最も親しまれたカニの種類として知られ、雄武でこの時期に収穫される毛ガニは「海明け毛ガニ」と表現されて、年間の中でも最も美味しく食べる事が出来ると言われるものです。

 

だからこそ朝の早くから寒い中でも立ち並ぶ客が絶えず、流氷下で栄養を蓄積した毛ガニの身は非常に引き締まっており、食感の良さも抜群と言われています。

 

普段購入出来る冷凍カニとは違って、このイベントでは活き毛ガニを格安で手に入れる事が出来て、イベントでは毛ガニだけではなくホタテをはじめとした海鮮物が販売され、浜焼きや鳥串焼き等も食べる事が出来ます。

 

地元漁師が作ってくれるカニ汁も絶品で、この時期の寒さには嬉しい温まるカニ汁も堪能出来ますし、海明け毛ガニは蟹味噌が美味しい事でも知られており、濃厚かつ甘味が独特で、他の種類の蟹味噌が苦手な方でも楽しめる例が多いです。

 

大人だけが楽しめるイベントではなく、子供も楽しめるカニ祭りになっていて、毛ガニ釣り堀は無料で毛ガニを釣れる子供限定のイベントがあります。

 

交通アクセスはJR名寄駅から車で1.5時間、道央自動車道士別剣淵ICから2時間、駐車場は約200台が無料となっています。

 

販売される毛ガニは相場変動もありますが、毎年1杯1000円前後で取引されており、北海道東北部オホーツク海沿岸、雄武町で開催されるカニイベントは多くのファンが居て、毛ガニは無くなり次第終了となってしまいますから、早めに来場が望ましいでしょう。

 

毛ガニを最も美味しく食べれらる時期のまつりは、地元からも親しまれて、他のエリアからの来客も多いです。

 

 

 

関連ページ

根室かにまつり|朝日に近い町の人気イベント
北海道の最東端の町のカニ祭り。2017年も例年同様に9月に開催が決定しました。やはり花咲ガ二は是非食べておきたい。
枝幸かにまつり|日本最大級のカニ祭り
枝幸は日本で最も毛ガニ水揚げ量を誇る場所であり、新鮮かつ安くて美味しいカニが味わえるイベントであり、毛ガニだけではなく、三大蟹と言われるズワイやタラバも含めて楽します。
おしゃまんべ毛がにまつり|札幌函館からアクセス良好
おしゃまんべ毛がにまつりは、毛ガニの漁期に合わせて毎年開催される人気イベントです。2日に渡って様々なカニイベントが開催され、家族で楽しめるイベントになっており、長万部の会場には色々な屋台が立ち並び盛り上がります。

全国地域別カニ祭り

かに祭りに関するQ&A

このページの先頭へ